スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳出資馬近況4/30

grotta
グロッタアズーラ
09/4/30
NF空港
屋内坂路でハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター2本を基調に、週2日はハロン15秒のキャンター2本を行っています。この春を迎えての進展には目覚しいものがあり、本格的に暖かくなるシーズンになれば更に見応えのある走りを披露してくれるでしょう。


viennese
ヴェニーズワルツ
09/4/30
NF空港
歩様に問題はなく、腫れもありませんが、若干ながら右トモ飛節に気になるところがあるため、現在は角馬場での軽めの乗り運動を行っています。乗り運動を休止していないように乗り役の微妙な感触によるペースダウンということもあり、近々馬場入りを再開できそうです。


jodys
ジョディーズライン
09/4/30
NF空港
左前骨瘤に若干気になるところがあったため、一時期ロンギ場での軽めの運動に留めましたが、その後は順調に回復し、現在は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っています。歩様は通常ですが、完全に脚元が落ち着いたわけではないので、今後も様子を見ながらメニューを設定していくことにします。


ivy
アイビーフォールド
09/4/30
NF早来
屋内周回コースでハロン18秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週1日は登坂ペースをハロン16秒としています。順当にペースを上げられているように左飛節の状態は安定しており、無理なく坂路調教を課すことができています。今後も成長に見合った負荷をかけることで馬体を芯から鍛えていきます。

※キャロットクラブ様のご好意により転載許可を頂いております


4月末の2歳愛馬たちの近況が更新となりましたが、相変わらずグロッタアズーラの順調っぷりには驚かされます(>_<)b
おそらく5月中には次のステップへ目途がつくでしょう。

逆に少し心配なのが、ヴェニーズワルツジョディーズラインの2頭。

ヴェニーズワルツの方はもう少しパンとするまで時間がかかりそうですね。

ジョディーズラインはやはり骨瘤の影響によるペースダウンという状況のようですが、ここで焦らずじっくりと脚元へのケアをして立て直して欲しいものです(^^;

期待の牡馬、アイビーフォールドはここに来て、さらにいい馬体になってきました!(>_<)b
トモの筋肉と前脚の付け根の筋肉、どちらも一目で成長が伺えます^^
前脚だけ、もしくは後脚だけの「2輪駆動」では競走馬として大成するのは困難だと思いますが、アイビーは前も後ろもしっかしとした筋肉が付いてきており、まさに「4輪駆動」になってきています☆

おそらく年内デビューが一つの目標になるでしょうが、青写真どおりなら来年のクラシックが楽しみです(笑)

牡牝そろって愛馬が重賞戦線に躍り出てくれることを夢見ています^^;

今の時期くらい夢見ても・・・いいですよね?(>ω<)
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

第1回産地馬体検査

グロッタ
グロッタアズーラ(サダムブルーアイズ07)
09/4/24
NF空港
24日に行われた第一回産地馬体検査に受検し、美浦の二ノ宮敬宇厩舎と預託契約を交わしました。


ヴェニーズ
ヴェニーズワルツ(インディゴワルツ07)
09/4/24
NF空港
24日に行われた第一回産地馬体検査に受検し、美浦の戸田博文厩舎と預託契約を交わしました。


ジョディー
ジョディーズライン(プリティジョディー07)
09/4/24
NF空港
24日に行われた第一回産地馬体検査に受検し、栗東の矢作芳人厩舎と預託契約を交わしました。


アイビー
アイビーフォールド(ビューティテイスト07)
09/4/23
NF早来
23日に行われた第一回産地馬体検査に受検し、栗東の吉田直弘厩舎と預託契約を交わしました。


※キャロットクラブ様のご好意により転載許可を頂いております


キャロット2歳愛馬4頭とも無事に産地馬体検査を受検しました。

これで北海道での新馬戦に直接使えるようになりました(^^)

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

2歳馬近況4/15

もう1週間前になりますが、2歳馬たちの近況です(笑)
最近、仕事が立て込んでいまして・・・orz
でも2歳の愛馬たちの順調な近況にそんな疲れも癒されます(^^)

グロッタアズーラ
09/4/15
NF空港
馬体重:450kg
屋内坂路でハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター2本を基調に、週2日はハロン15秒のキャンター2本を行っています。速めのキャンターを継続できているようにすこぶる順調で、動きには余裕が感じられるようになってきました。以前と比べると段違いの体力をつけてきており、速めのキャンターで登坂した後の息の戻りは明らかに早くなっています。馬体の充実度にも目を見張るものがあり、更に見栄えのするキャンターを見せてくれる日もそう遠くはないでしょう。

この仔に関してはいつも手放しで褒めてもらえてるので、本当に順調ということでしょう♪
デビューは夏の新潟あたりでしょうか?
早いうちに勝ち上がれたら、新潟2歳Sも視野に入れて欲しいですね(爆)



ヴェニーズワルツ
09/4/15
NF空港
馬体重:411kg
右トモに見られた調教疲れによる休養を経て、乗り運動を再開しましたが、その後は歩様に違和感が生じることもなく、順調に乗り進めることができています。現在は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を行っています。すでに元のペースに戻していますが、難なく対応できており、日々元気一杯の動きを見せています。心身ともにいい成長が見られることで、これから更に鍛え上げていけば持ち前の柔らかいバネのある身のこなしに磨きがかかってくるでしょう。

一時、ペースダウンを経たことで少し心配でしたが、すでに16~17秒のキャンターが出来ているということで安心しました(^0^;
前回更新では休ませていたこともあってか420kg台でしたが、今回はまた410kg台に。
これからの成長でデビューの頃には430~440kgぐらいになって欲しいです☆



ジョディーズライン
09/4/15
NF空港
馬体重:476kg
左前脚に骨瘤が出掛かっていることで幾分ペースを落とした期間もありましたが悪化は見られず、すぐにペースを戻すことができています。現在は屋内坂路でハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター2本を行い、週2日は15-15で登坂しています。気温が上がったことで新陳代謝も活発になり、体つきがガラッと変わり、全体的な雰囲気もよくなってきました。気性面の成長を表すように顔つきも精悍さを増しており、ここまでの調教の積み重ねが確実に実になっていることを実感できます。

ここまで非常に順調だったジョディーですが、ここで初めて骨瘤というコメントが(>_<;
幸い、軽いものだったようですし、すぐに以前のペースまで戻すことが出来そうですね。
馬体重も470kg台まで増加していますし、確実に筋肉がついてきているようです♪
デビューは夏の北海道でしょうか?それとも夏の阪神?(^^)



アイビーフォールド
09/4/15NF早来
馬体重:459kg
左飛節に腫れが生じたことで運動を制限した時期もありましたが、状況は好転し、現在は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン19秒のキャンター1本を行っています。走りに対して前向きな性格を示しており、折り合いに苦労するほどの手応えで登坂しています。素軽いフットワーク、バネの効いた走りには見るべきものがあり、ここ最近はトモの筋肉にいい発達が見られます。全体的な状態もぐんぐん上向いているので、今後はいい形でペースを上げていけるでしょう。

ようやくアイビーに良化コメントが♪
「折り合いに苦労するほどの手応え」とのことで、競走馬としてはいい傾向ですね。
「素軽い」「バネの効いた走り」など、ここにきて楽しみなコメントが増えてきました☆
来年のクラシックへの夢が段々と膨らんできました☆


※キャロットクラブ様のご好意により転載許可を頂いております

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

出資馬近況とローシェンナについて

・オートキュイジーヌ
09/4/6
NF空港
屋内周回コースでキャンター800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行い、週2日はハロン15秒までペースを上げました。「フケも治まりつつあるので再度速めの調教を再開しました。元からこなしているペースということもあり、難なく対処できています。このまま進めていくことができれば、早くて4月末、遅くとも5月中には移動の日を迎えられると思います。馬体重は500キロです」(空港担当者)

※キャロットクラブ様のご好意により転載許可を頂いております

順調に行っていたところにフケの兆候が見られてペースを落としたのは残念でしたが、後遺症もなく再び移動に向けて頑張って欲しいですね(^^)


ところで、一昨日は日中に空き時間ができたので、かねてから気になっていたことをキャロットクラブへ電話にて問い合わせました。

ローシェンナの引退後の処遇について、「美浦で研究馬になるとの情報がありましたが、実際のところどうなっているのか」と問い合わせてみました。

「板状骨折という非常に稀な病状を発症したこともあり、今後同じような症状を発症する馬に対して有効な治療法を探るため、研究馬として骨折の治療に専念する」ということでした。

実際、研究馬と聞くとネガティブなイメージを抱いてしまいますが、クラブの方によると「あくまで治療のため」ということです。

「治った後は繁殖入りできるのか」とも聞いてみましたが、現時点では未定とのことでした・・・。

クラブの方の口ぶりからして、おそらく完治しても繁殖入りできる可能性は低いかと(^^;

ですが、あくまで治療を目的として研究馬になったと聞くことができて、少しだけ安心しました。

ただ、繁殖牝馬になれないとしたら、彼女に残された道は少ないのも事実です(>_<;
乗馬になってくれれば、それに越したことはないんですが・・・。

それと、『グロッタアズーラ』の名前で応募した方が私以外に複数人いらっしゃったことも判明しました(笑)
実はそれも気になってたので、思い切って電話までしてしまいました(苦笑)

それにしても、当分愛馬の出走がなさそうなので、ブログのネタに飢えてしまいます・・・w

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

出資馬近況

ローシェンナ引退のショックで更新も滞りましたが・・・(>_<)
残る3歳キャロ馬のオートキュイジーヌと2歳馬たちの近況が更新されました。

【3歳馬】

・オートキュイジーヌ
09/3/30
NF空港
屋内周回コースでキャンター800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っています。「この中間、若干フケ気味なところが見られたので速目を取り止めて、毎日16秒程度で乗るようにしています。今しばらくは現状程度で乗り込みを進め、フケが治まり次第、ペースを戻していきたいと思います」(空港担当者)

ここ最近は安定して乗り込みが進んでいただけにこのペースダウンは幾分残念です(>_<;
まあ、ここでひと息入って良かったかもしれませんし、どこまでも待ちますよ~(笑)



【2歳馬】

・グロッタアズーラ(サダムブルーアイズ07)
グロッタアズーラ0331
09/3/31
NF空港
馬体重:455kg(前回更新よりプラス5kg)
この中間も体調面は抜群に優れており、至極順調に調教を積むことができています。現在は屋内坂路主体のメニュー構成となっており、ハロン16~17秒のキャンター2本を基調に、週2日はハロンペースを15秒(終いハロン14秒)まで上げて乗り進めています。休みなく乗り込むことで馬がだいぶしっかりとしてきており、初めてハロン15秒の時計を出した際も戸惑いはまったくなく、しっかりとした手応え、脚取りで登坂することができました。一切無理することなく現状の調教まで進められたところを見ると芯の強さに疑いようはなく、今後も同様のメニューを反復していけば雪解けの頃にはより一層成長した姿を見ることができるでしょう。先々がとても楽しみな一頭です。なお、本馬は4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。

おお、アズちゃん♪
一層美しい馬体になっているじゃないですか(>_<)b
調教も超順調のようですし(笑)、当然のごとく産地馬体検査受験ですね。
期待しています☆



・ヴェニーズワルツ(インディゴワルツ07)
ヴェニーズワルツ0331
09/3/31
NF空港
馬体重:424kg(前回更新よりプラス13kg)
屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本まで進めていた時期もありましたが、右トモ脚の歩様に疲れが見られるようになったため、ウォーキングマシン程度にペースを落としていました。幸いなことに疲れはすぐに解消し、歩様にも勢いが戻ってきたので数日後にはロンギ場での運動を再開し、現在は屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っています。乗り運動を再開した後も経過もよく、歩様は日に日に良化してきています。運動休止の期間は最小限に済んだこともあり、馬体が緩むことはありませんでした。育成開始当初と比べてもふっくらと見せるようになっており、気配のよさからもすぐに元のペースに戻すことができそうです。なお、本馬は4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。

この仔は多少ペースダウンしましたが、その分馬体成長を促したようでプラスになったようです(^^)
ここから順調に進めて、早期デビューを狙っていって欲しいです。



・ジョディーズライン(プリティジョディー07)
ジョディーズライン0331
09/3/31
NF空港
馬体重:468kg(前回更新よりプラス12kg)
この中間も体調は高い次元で推移しており、思い通りの調教を行うことができています。現在は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を基調に、週2日は登坂2本目のハロンペースを15秒(終いハロン14秒)まで上げて乗り込んでいます。2歳馬の中でも高い負荷をかけていることで馬体のバランスもかなりよくなり、繰り出されるキャンターにはより一層力強さが増した感があります。背中越しに伝わる感触はなんともいえない良さがあり、厩舎スタッフの中でも評価の高い一頭となっています。ハロン15秒のキャンターを開始してしばらく経ちますが、堪えた様子は一切なく、常に手応え十分に楽々と駆けている姿を見ると更なるペースアップにも問題なく対応してくれそうです。なお、本馬は4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。

アズちゃんと並ぶへっぽこレフティー厩舎のエース候補、ジョディーたんも至極順調のご様子です☆
実際、モバイバの動画ではアズちゃんと一緒に集団調教をこなしている様子が見れますが、非常に動きもいいし、このまま順調に行けば早期デビューの可能性は非常に高いでしょう(^0^)b



・アイビーフォールド(ビューティテイスト07)
アイビーフォールド0331
09/3/31
NF早来
馬体重:471kg(前回更新よりプラス28kg)
左飛節に腫れが生じたことでウォーキングマシン運動に留め、状態の改善を待っていた時期もありましたが、現状を見ると早めの措置が功を奏した感じです。見た目には若干の腫れは残りますが、当初と比較すると数段良化しており、歩様にもスムーズさが戻ってきているので、現在は屋内周回コースでダクとハロン20秒程度のキャンター1500mを行っています。乗り運動を再開した後も飛節の腫れは沈静化の一途を辿っていますが、楽をさせた分馬体が増えているので、脚元にかかる負担を考慮し、当面はゆったりとしたペースで動かしていく予定です。なお、本馬は4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。

びーくん、えらい立派な馬体になりおった(@_@;
1ヶ月で約30kgの馬体増って、大丈夫かな・・・。
飛節の腫れが心配ですが、どうか再発しないように調教を進めて欲しいです。
この仔も産地馬体検査を受けるみたいですが、ゆっくりでいいので確実にデビューへの段階を踏んでいきたいですね♪


※キャロットクラブ様のご好意により転載許可を頂いております


ということで、我がへっぽこレフティー厩舎のキャロ2歳馬たちはめでたく4頭とも第一回産地馬体検査受検予定ということで、嬉しい限りです(^0^)

また、広尾組の近況では3歳馬ベコニングキャットが先週栗東へ再入厩しました。
まずはゲート試験合格を目指しているようですが、どうもパワー不足を指摘されていたり、前途は多難のようです(^^;;;

2歳馬のレコードセールス07は橈骨の痛みからペースダウンしていますが、徐々に回復しているようです。
この仔はじっくりと良化を待ちたいですね~。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

レフティー

Author:レフティー
06年産世代から一口馬主を始めました。キャロットと広尾に入会しています。良血馬よりもマイナー血統馬が大好きです。

こちらでは愛馬をメインに競走馬の写真をアップしたいと思います(・ω・)


<<注意事項>>
当ブログに掲載している画像は全て
私、レフティーが撮影したものです。
(2010年以降の記事に限る)

転載を希望される方は、一言コメント欄にその旨ご記入をよろしくお願いします。


Powered by 一口馬主DB

キャロットクラブ ~ CARROTCLUB ~

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。